洗濯機を重曹で掃除する7ステップ&実践結果/カビやゴミはとれるのか



スポンサーリンク

洗濯機(洗濯槽)の掃除って皆さん日常的にされているのでしょうか。

私はクズ取りネットのゴミをたまに捨てるくらいでしたが、最近になって洗濯槽の汚れが気になってきたので、ちょうど家に余っていた古い重曹を使い切るためにも掃除してみました。

1.洗濯機にお湯を入れる

ぬるま湯を一番上まで入れます。お湯が少ないと汚れがとれません。

入れすぎて溢れる前に、洗濯槽横の穴から自動排水されるはずなので、これ以上入れられないところまで入れてしまいましょう。

洗面所で桶にお湯(45℃)を汲んで何度も往復して入れました(^-^;

2.重曹を投入

次に重曹を200グラム入れます。

この洗濯機は5リットルなので、ご自宅の洗濯機の容量に合わせて加減してみてくださいね。

基本的に1リットルあたり、重曹40グラムです。

3.洗濯機を回す(洗いのみ)

15分程度回します。 このあと、お湯をためたまま放置するので、間違えて脱水をしないようにしましょう。

4.放置

待つ・・まつ・・・松ぼっくり。

10時間くらい放置します。時間があれば丸一日でも構いません。

忘れてしまわないようにスマホでタイマーをセットしておくのがオススメです。

5.汚れをすくう

さあ、汚れをすくいましょう!

・・・アレ?( ^ω^)

写真の貼り間違えではないですよ。

どうも、あまり汚れが出ていないようです。購入して3~4年経過している洗濯機なのですが、拍子抜けですね。

本来は汚れが浮いてくるはずなので、そのまま脱水して排水溝が詰まらないように、しっかりと取り除いておきましょう。 網を使うと便利だそうです。

6.洗濯機を回す(脱水まで)

汚れを全てすくったら、普通にコースで洗濯機を回し、すすぎ→脱水をしましょう。

このとき、汚れがたくさんあった場合は、この工程を2~3回繰り返して、洗濯機内部のゴミを全て出し切ってしまいます。

私は・・1回だけで大丈夫でした( ノД`)

7.乾燥させて終わり

洗濯機のフタをしばらく開けっ放しにして乾燥させたらフィニッシュです。お疲れ様でした。

まとめ

放置時間を含めると結構時間がかかりますが、たいしてやることはないので、思っていたよりも面倒ではありませんでした。

もっと汚れが浮き上がってくるかと思っていたので残念です。ネットで検索した画像では、真っ黒のヘドロのようなものが出てきていました。

そのうち、過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)でリトライしてみたいですね。どうやら重曹よりも効果が高いようです。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
いいね!で当ブログの順位が表示されます^^




スポンサーリンク