昼ごはんを野菜と果物だけにしてからすこぶる調子が良い/週一断食



スポンサーリンク

お昼ご飯を食べると、身体が重く、眠くなり調子が下がってしまうことありませんか。

私は毎日そんな感じでしたが、昼食を野菜と果物だけにしてから、大きく生活が変化しました。

私の食事事情

昼食ってみなさんどうされているのでしょうか。

会社勤めの方はお弁当を持参したり近くのお店でランチが多いかもしれませんね。

私は朝食は食べず、昼と夜食べて、週一断食という生活をしています。

毎日家に引きこもって過ごしているので、お米を炊いて、おかずを作って食べていました。

だいたい13時頃に食べると、そこから夕方までゴロゴロしてしまうのが日課でした。

お腹が重くて、頭が全然回らないんです。

結局、夕方過ぎから仕事を再開するので、夜までダラダラと続けてメリハリもなくなります。

ただし、週1断食の日だけは違います。

お昼ご飯は食べず、その代わりファスティング専門家が作った酵素ドリンク を飲み、ゴロゴロすることなく午後も仕事をこなし、夕方過ぎには終了しています。

米を食べないと調子が良い

今までは食事といったら、主食(お米)・副食(おかず)が絶対に必要だと信じ込んでいましたが、週1断食の回数が増えるごとに、考えが変わってきました。

「あんま食べ過ぎないほうがいいんじゃね?」

当たり前といえば当たり前なのですが、きちんと栄養取らないといけないし、そのためには主食副食は欠かせないという固定観念があったのです。

そこで、まずは米の量を半分に減らしてみると、いつもよりもゴロゴロする時間が減りました。

次に思い切って米をなくしてみると、さらに調子が良くなり、夕方過ぎには仕事を終えることができるようになりました。

野菜と果物だけの昼食

動物園の猿のエサじゃないですよ。

これが私の現在の昼食です。

この画像の中にあるものだけです。もちろんドレッシングもかけません。

とりあえず実感したメリットはこんな感じです。

  • 昼食後の倦怠感が一切なくなった。
  • 面倒な食事の準備時間が激減した(冷蔵庫から出すだけ)。
  • 「何食べようかなー」と考える時間がなくなった。
  • 肌が綺麗になって、汗のニオイがマイルドになった。
  • 毎日長時間パソコン作業をしていても肩と腰の凝りが減った。
  • 身体についていた無駄な肉が激減。

あえて切らない

人参は1/2本ずつ食べるので半分に切っていますが、包丁を入れるのはそれだけです。

野性的にそのままムシャムシャ食べます。

キャベツなんかは楽なのですが人参は最初は苦戦します。慣れてくると、どの歯を使えば効率的に食べられるのかがわかってくるので、案外大変ではないですけどね。

お洒落なサラダのように小さく切ってしまうと、どうしても咀嚼回数が減ってしまうのですよね。

なので、あえて切らずにそのまま食べることで、たくさん噛むことになり、満腹感を得ることもできます。

お腹空いたときにガムを噛んでいると空腹感が和らいでくるのと同じですね。

野菜をポリポリすることで、歯の歯石や汚れをとることもできます。食べたあとに歯の表面を見るとツルツルしてますよ。

あ、でも歯や顎が弱い方は、まずは小さく切ってからにしましょう。

まとめ

野菜だけだと物足りなく感じることもあるので、果物を1つ入れると全然違います。

個人的にはバナナが安くて食べやすくて美味しいのでオススメです。

それとキャベツは真夏はあまり美味しくないので、レタスやキュウリにしています。

冬場は大根が生でも甘くて美味しいのでよく食べています。大根は1日1/4本くらいがちょうど良いですよ。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ
いいね!で当ブログの順位が表示されます^^




スポンサーリンク